南京虫の増加

南京虫駆除の事はご存知でしょうか?

南京虫とは別名トコジラミと言います。戦後に日本でも非常に繁殖していたシラミの一種ですね。
南京虫は現在国内から発生しているケースよりは、海外で発生しているケースの方が多く、国内には海外からの旅行者によって運び込まれる事がほとんどです。

日本は観光国実現を目指し、訪日外客3000万人達成に向けて国全体で取り組んでいる現状で、それゆえに訪日の外国人の荷物にくっついてやってくる南京虫の侵入を防ぐ事が困難です。
そして、輸入されてきて、生息範囲も繁殖力も強い為、外国人が多く利用するホテルや旅館だけではなく、不特定多数が利用するサウナや温泉、ネットカフェや図書館、一般住宅にも発生するに及び、その被害が拡大し続けています。

皆さんは自宅で過ごしていて、朝の起床時に痛みを伴う痒みが発生していた事はありませんか?
当然、自宅にも目に見えない様な小さな虫も含めて、ダニや蚊などもたくさん潜んでいるとも思います。
しかし、それがもし南京虫だった時は?
南京虫駆除を検討されたことは在りますか?
痒みの被害や、またその繁殖力を考えると、ダニや蚊どころではありません。
心当たりがあったら直ぐに探してみて、見つかり次第即南京虫駆除しなければ、取り返しがつかない程繁殖してしまいます。

ここでは南京虫駆除の基礎知識を案内します。

what's new

2013/02/27
業者による駆除を更新
2013/02/27
発見と自宅駆除を更新
2013/02/27
被害を更新
2013/02/27
南京虫とは?を更新
2013/02/27
南京虫駆除の詳細を更新
2013/02/27
ホームページリニューアル